内祝いの選び方

結婚式に欠かせないのが「引き出物」。

その昔、引き出物といえば名前入りのお皿等が一般的でしたが、

最近は、個性豊かな引き出物を用意する方が増えているので、

結婚式でもらえる引き出物を楽しみにしている人も多いと思います。

「引き出物」は、簡単に言えば、式に出席してくれた人に配る結婚祝いのプレゼントですが、

式に出席できなかったけれどお祝いを頂いた方に配る結婚祝いのプレゼントを「内祝い」と言います。

内祝いは、頂いた金品のおよそ半額程度のお返しの品を、

結婚式が終わってから一ヶ月以内に贈るのが一般的だと言われています。

内祝いの商品としては、あまり突飛なものをプレゼントするよりも、

貰った人が気軽に普段使えるような、実用的なものを贈るのが良いでしょう。

定番どころはというと、やっぱり食器やインテリア雑貨の類でしょう。

タオルや石鹸、洗剤なども昔から人気が高いようですが、

いわゆる日用品を内祝いとして贈る場合には、素材にこだわったりして、

なかなか自分では買わないような上質なものを選ぶと喜ばれるはずです。

また、何を贈ったら良いのかいくら考えてもわからない…、という場合は、

カタログギフトなら、先ず間違いがないので安心だと思います。

それと、内祝いを送るときに忘れてはいけないのは、礼状等のメッセージです。

ただ内祝いとして品物を郵送するだけでは失礼です。

それこそ、大事な相手の場合は、直接内祝いをお持ちするなど、

礼儀の上でも失礼がないように気をつけましょう。

参考サイト・・>結婚式・結婚祝いのプレゼントにおすすめの生まれ年ワイン – シエル・エ・ヴァン